旅のフランス語

【フランス旅行で絶対使う】フランス語基本の挨拶と返事

フランスは挨拶をとても重んじる国です。

知らない人にも、お店の人にも、必ず挨拶をします。

また、人に何かお願いをするときも必ず付け加えて欲しいフレーズがあります。

これらの基本フレーズを覚えていれば、現地の人とのコミュニケーションが取りやすくなりますよ!

それでは、フランス滞在中に必ず使う言葉を覚えていきましょう!

 

Bonjour/ Bonsoir

Bonjour
ボンジュー
「こんにちは」

皆さんご存知、フランス語の挨拶です。

フランスに行ったら、どこでもこの挨拶を使います。

ホテルのフロント、お店に入った時、駅の切符売り場やマルシェ…

とにかく、これから話しかける人、関わる人にはこの挨拶から始めましょう!

 

Bonsoir
ボンソワー
「こんばんは」

これは日本語の「こんばんは」にあたる言葉です。

大体、18時前後からこちらの挨拶に切り替わりますが、季節や人にもよるので、相手の

挨拶に合わせられるといいかもしれませんね。

 

Au revoir

Au revoir
オフヴォワ
「さようなら」

これは「さようなら」にあたるフランス語です。

こちらは、“Bonjour”と同じくらいよく使います。

人と話をしたり、会計を済ませたりした後に言ってみましょう。

よく聞いていると、フランス人も必ず言っていますよ!

Rの発音がしづらいかもしれませんが、使う場面が決まっているのでフランス人にもちゃんと伝わりますよ!

 

Oui / Non

相手から質問された時の返事です。

単体で使っても伝わりますが、他のフレーズと組み合わせることも多いです。

これから出てくる、“Merci”と組み合わせて使うことも多いですね!

 

Merci / Merci beaucoup

Merci
メルシー
「ありがとうございます」

Merci beaucoup
メルシボクー
「本当にありがとうございます」

旅行していると、何かを教えてもらったり、助けてもらったりしますが、そんな場面でスッと“Merci”と言えるといいですね!

“Oui”“Non”と一緒に使うことも多いです。

Oui, merci
ウィ メルシー
「はい、お願いします」

Non, merci
ノン メルシー
「いいえ、結構です」

特に、“Non!”と言い切ってしまうとぶっきらぼうな印象を与えてしまうので、断る場面では、“Non, merci”と伝えられるといいですね。

また、何かをお願いし終わったり、会計が終わった時、“Au revoir”の前に“Merci”をつけましょう。

Merci, au revoir
メルシー オフヴォワ
「ありがとう、それじゃあ」

 

S’il vous plaît

S’il vous plaît
シルヴプレ
「お願いします」

英語の”Please”にあたる言葉ですね。よく聞く例文はこれです。

Un café, s’il vous plaît.
アン カフェ シルヴプレ
「コーヒーを一杯ください」

レストランで注文の時や何かを買いたい時、単語の後ろにつけるだけで「〇〇ください」という意味になるので、初心者でも簡単に使いこなすことができます。

 

フランスで挨拶は超重要!旅行前に必ず覚えよう

もう聞いたことがあるものがほとんどだったのではないでしょうか。

基本の「き」のフレーズですが、これを頑張って使うだけでも、現地の人は喜んでくれますよ

ぜひ、覚えて使ってみてくださいね。