準備編

【要注意!】海外旅行のお土産に買っても日本に持ち込めないもの

海外旅行中は様々なものを目にしたり、口にしたりしますよね。

日本にいる家族や恋人、友達に見せたいもの、食べさせたいものがたくさんできます。

特に美食の国フランスは美味しいものが盛り沢山!

スーパーで手軽に買うことができます。

でも、お土産として日本に持ち帰ることができるかは、別問題です。

旅行先ではお土産として普通に売られている製品でも、日本に持ち帰ると、没収されてしまったり、最悪、逮捕されてしまうことも。

知らずに買ってしまって、後から悲しい思いをしなくても済むよう、事前に調べておきましょう!

 

食品

肉製品

一番の落とし穴がこの「肉製品」が日本への持ち込みが禁止されていることです。

お土産として売られているジャーキーやサラミなども持ち込めません。

フランスでも、空港などにもフォアグラの瓶詰めや缶詰、サラミ、ハムなどが売られていますが全て日本への持ち込みは禁止です。

これは、日本に家畜の病気を持ち込まないためです。

日本向けに検査証明書を添付して販売をしている国もありますが、残念なことにフランスでは検査証明書がついた商品を見たことがありません。

こっそりと持ち込もうとしても、荷物のピックアップレーンで可愛いビーグル犬が荷物の匂いを嗅いで肉製品を探しています。

「見つからなければ大丈夫」と思わずに、旅行先で食べ収めしてきてください。

また、魚や乳製品については、現在規制の対象になっていないので、お土産程度の量であれば安心して持ち込むことができます。

参考サイト:動物検疫所

果物、野菜

海外には日本では中々見かけないような果物や野菜を食べることができます。

ところが、その中には日本への持ち込みが禁止されているものや、入国時に検査が必要なものがあります。

フランスを例に挙げると、柑橘類やすもも、梨、ぶどう、リンゴなどの果物は全て持ち込むことができません。

また、野菜も基本的には入国時に検査が必要になります。

国別に詳しいリストが掲載されているので、事前に「植物防疫所のサイト」をチェックしておきましょう。

参考サイト:植物防疫所

コピー商品

こちらも海外でよく目にする製品です。

ブランド品はもちろん、CDやDVDのコピーも持ち込めません。

フランスだと、観光客向けにルイヴィトンやシャネルなど、ハイブランドの偽物が出回っています。

本物だと信じて購入し、持ち込んだ場合は、税関で没収されるだけで済みますが、偽物と知っていて持ち込んだり、転売目的で大量に持ち込もうとした場合、犯罪となってしまうので注意してください。

ブランド品が欲しい場合は、怪しい路面店で売り出されているものや、値段が著しく安いものは避けて、正規販売店で購入するようにしましょう。

動物の体の一部からできた製品

これは絶滅する恐れがある動植物を守るための取り決めであるワシントン条約に沿った規制です。

ネコ科の動物の毛皮でできたものや、爬虫類の皮でできたもの、象牙や剥製は規制の対象になっています。

一般的に流通している牛の革の製品などは問題なく持ち込みできますが、そのほかの動物については注意をしましょう。

税関のサイト内にあるワシントン条約のページ」に詳細が記載されていますので、目を通しておきましょう。

参考:税関

土、花、種

全ての国と地域から、土の持ち込みが禁止されています。

そのため、土がついているものはどんなものであっても持ち込むことはできません。

また、土がついていない花や種を持ち込見たい場合は、事前に植物防疫所に確認が必要になります。

旅の途中で偶然美しい植物を見つけて購入しても、日本に持ち込みできないことも考えられるので、購入は避けるのが無難です。

参考:植物防疫所

 

おわりに

日本への持ち込みが規制されているものは下記のものです。

・肉類
・果物、野菜
・コピー商品
・動物の体の一部からできた商品
・土、花、種

もちろんこれ以外にも、銃や麻薬、児童ポルノなどは持ち込み禁止ですが、今回はお土産で知らずに持ち込んでしまいそうなものをピックアップしてみました。

日本に帰ってきて、楽しかった旅行の後味が悪くならないよう、事前にきちんと調べて、覚えておきましょうね!