準備編

【フランス旅行】キャリーバッグに入れる預け入れ荷物リスト

フランス旅行ともなると、滞在日数も長くなり持っていく荷物も多くなりがち

あれもこれもと考えていたら、何が要るんだか要らないんだか分からなくなっていませんか?

そこで今回は、キャリーバッグに入れる預け入れ荷物を紹介します!

PDFファイルダウンロードできる持ち物リストを用意したので、是非活用してください!

【フランス旅行】機内に持ち込む手荷物リストフランス旅行ともなると、滞在日数も長くなり持っていく荷物も多くなりがち。 あれもこれもと考えていたら、何が要るんだか要らないんだか...

電子機器類

プラグ

旅行先では、コンセントの差し口の形が違います

フランスはCプラグになるので、事前に購入しておきましょう。

100円ショップやバラエティショップに売っています。

また、日本の電圧は100Vですが、フランスの電圧は220V

ドライヤーコテを持参する場合、対応電圧を確認し、必要であれば変圧器を持参しましょう。

充電器類

スマホやカメラの充電器類も忘れないようにしましょう。

スマホやカメラなどは、240Vまで対応しているものがほとんどですが、念のため確認をしておきましょう。

 

衣類

着替え

気温や気候に合わせた衣類を持って行きましょう。

滞在期間が長い場合は、扱いやすいものを持って行き、ホテルで洗濯しても良いです。

また、日本では当たり前の服装が実は海外で浮いて見えることもあります。

装飾が派手な服や、真夏に日焼け防止の長袖などは、日本人だとすぐにバレてしまいますので、現地の人がしている程度のおしゃれが無難です。

高級レストランなどに行く予定がある場合は、ジャケットやワンピースを用意しましょう。

パジャマ

日本と違い、部屋に備え付けのバスローブなどがない場合もあります。

事前にホテルのサイトなどで確認し、ないようであればリラックスできる服を持って行きましょう。

下着

こちらも日数分持って行くか、ホテルで洗うようにしましょう。

私の場合、洗濯も楽なのでカップ付きインナーを持って行くことが多いです。

靴下

スニーカーなどを履く場合が多いと思いますので、靴下は持って行きましょう。

乾きにくい場合もありますので、日数分持って行くのが無難です。

行く先に合わせて、スニーカーやサンダルを用意しましょう。

高級レストランなどに行く機会があればフォーマルな靴も用意しましょう。

タオル

バスタイムはもちろん、割れ物を持ち帰る時の緩衝材代わりにも使えます

2〜3枚持って行きましょう。

 

消耗品

ハンカチ・ティッシュ

手荷物に入れたものとは別に、替えのハンカチを用意しましょう。

また、フランスのトイレはトイレットペーパーがないこともあるので、予備のポケットティッシュも準備しましょう。

ウエットティッシュ

水道がすぐ近くになかったり、レストランでも日本のようにおしぼりは出て来ません。

観光の際に持ち歩くために持って行きましょう。

生理用品

万が一、生理になってしまった時のために持って行きましょう。

手荷物にも入れますが、予備でキャリーバッグにも入れておきましょう。

フランスでも購入できますが、日本人向けの製品ではないので、持って行くのが無難です。

常備薬

手荷物に入れるのは、最低限必要な分だけなので、分けて預け入れの荷物にも入れておきましょう。

頭痛薬胃薬酔い止めなどを持って行くと、いざと言う時役に立ちますよ。

 

フェイシャル・バスグッズ

コスメ

現地で生活している人は普段ほとんどメイクをしません。

基本的にあまりメイクはしなくても良いと思いますが、日焼け止めは持って行くことをオススメします。

スキンケア用品

フランスは空気が乾燥していて、水質も違うため、肌が乾燥しやすくなります

保湿力の高いスキンケア用品を持って行きましょう。

また、クレンジングは拭き取り式のものがオススメです。

シャンプー・リンス

フランスは乾燥していて、水質も違うため毎日シャンプーすると髪がバシバシになるので、あまりたくさん持って行く必要はありませんが、モイスチャータイプを選ぶといいかもしれません。

ドラッグストアに旅行用・お試し用の使い切りパックが売っているので、私はいつもそれを持参しています。

ボディソープ

普段使っているもので十分です。

ボトルに移して持っていくか、現地で捨てても良い石鹸タイプのものを持参しましょう。

カミソリ

日本ほどアメニティは豊富ではありません。

男性の髭剃りやカミソリは置いてないので、必要であれば持って行きましょう。

歯磨きセット

こちらも置いていない場合が多いです。

歯磨きセットは持っていくのが無難です。

 

その他

洗剤

滞在日数が多く、途中で洗濯をする必要がある場合は洗剤を持って行きましょう

ドラッグストアに使い切りの小分け洗剤が売ってありますよ。

洗濯グッズ

ホテルには、洗濯を干すのに十分なスペースがない場合があります。

洗濯紐折り畳みのハンガー洗濯ばさみなど必要に応じて用意しましょう。

コンタクト保存液

1Dayタイプのコンタクトでなければ必須です。

液が漏れないように袋に入れて、荷物に入れるようにしましょう。

カトラリー

フランスの総菜屋やスーパーで買い物をしても使い捨てのスプーンやフォークはもらえません!

現地でプラスチック製の使い捨てを買っても良いですが、マイカトラリーを持って行くのがエコですね。

折り畳み傘

天気が悪い中観光をする場合もあります。

フランス人はちょっとやそっとの雨では傘をさしませんが、大雨ともなれば別です。
一応持って行きましょう。

 

まとめ

預け入れの荷物はプラグを除けばほとんど国内旅行と同じです。

電子機器を使用する場合には、電圧に気をつけてくださいね

この他にも海に行く場合は、水着や帽子など必要なものも変わってきますので、必要に応じて、リストから省いたり、付け加えたりしてくださいね!

PDFファイルダウンロードできる持ち物リストを用意したので、是非活用してください!

【フランス旅行】機内に持ち込む手荷物リストフランス旅行ともなると、滞在日数も長くなり持っていく荷物も多くなりがち。 あれもこれもと考えていたら、何が要るんだか要らないんだか...